FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
パン屋さんではパン以外にお菓子も作る、というのは結構あるようです。
「パン屋さんの焼き菓子」という本もあるほどですし→amazon:「パン屋さんの焼き菓子」旭屋出版

僕もクッキーを作るようになって結構経ちますが、パンとはぜんぜん違う面白さがあります。
そうですね…どちらかと言うとパンよりも成形には自由度があり、いわゆる粘土を作るような面白さがあるのでしょう。
そういえば小さい頃に母や兄弟と一緒にクッキーを作って、いろいろな形を作ったり型を抜いて、楽しかった思い出があります。その頃からずいぶん歳月が過ぎましたが、その楽しさは変わらず僕の心に根付いているようです。


間もなく2011年も終わり。今年も沢山の方々から沢山の注文をいただき、どっさりクッキーを作って来ました。
中にははるばる東京から注文を下さった方もおり、好評を頂いたと聞いております。
本当に嬉しいことです♪


今回はそんなクッキー作りの過程を写真と共にご紹介します♪クリスマス用に特注していただいた星型クッキー…322枚をひとつひとつ心をこめて、みんなで作りました!


★彡 生地は前日にミキシングを済ませ、冷蔵庫にしまっておきます。ただ保存しているわけではなく、冷蔵庫で置くことにより小麦粉とバターが馴染むのです。
★彡 当日はその生地をまずこねて柔らかくし、その後シートスプレッダーで伸ばして冷凍庫に2分30秒ほどいれます。こうすることによって生地が適度な堅さ取り戻し、型抜きしやすくなるのです。厚さは7mmほどに設定しました。

★彡 ここからは全員の作業です。今回はかぼちゃクッキーとココアクッキーのツートーンクッキーです。まず黄色いかぼちゃ生地から小さい星型を型抜きします。

星型クッキー01

↑とても丁寧な手つき。


★彡 こちらの黒いのはココア生地です。黄色いかぼちゃ生地より一回り大きい星型で型抜きした後、写真のような小さい星型を繰り抜いていきます。

星型クッキー03

↑この小さい星型は後で単品のクッキーとして焼きます。


★彡 大きい星型に空いた小さな星型の穴に、黄色いかぼちゃクッキーをはめ込みます。ここが一番繊細な作業です。

星型クッキー02

↑奥のほうに穴の開いたクッキーがチラッと見えていますが、ここに先ほどのかぼちゃクッキーをはめるのです。バターが次第に溶けてきてしまうので素早く、けれど傷をつけないように落ち着いてはめこまなければなりません。


★彡 オーブンで焼き上げます。色見が若干柔らかくなり、美味しそうな香りが漂います。この日はオーブンの温度を微妙に調整して、焼き加減を研究しました。おおよそ182℃ほどで9分くらいが丁度よいタイミングのようです。

星型クッキー04

↑サクっとして美味しい♫


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このあと包装をして出荷。
すべての作業は●生地を伸ばす人●型抜きする人●オーブンで焼く人●包装する人…など役割を決め、分業体制で進みます。
こういった時にすぐ自分のやれることを見つけてそれぞれが動き出せることは、あたりまえかもしれませんが素晴らしいことだと思います。そのために必要なコミュニケーションがきちんと行われているということですから。


星型クッキーは現在お店でも取り扱っております。

おかげ様で好評のようです(*´ω`*) 
どうぞクリスマスまでの限定発売ですので、お店でどうぞお買い求め下さいね♪
スポンサーサイト
[ 2011-12-16 (Fri) 16:47 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
Theme:手作りお菓子グルメ   Category:エピソード
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://hikaribakery.blog.fc2.com/tb.php/83-9c44d8bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。