FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
夏の大三角形

季節感のあるブログを心得ていたり、心得なかったり…。
こんにちは、ハル・ユタカです♪

夏至の時に書いてみて思ったのですが、こうして時節にあわせた記事を書くといつもよりアクセス数がアップしますね。
それで味をしめた…わけではありませんが(笑)

今日は七夕のことを書きたいと思います。


さて、いうまでもなく今日の日付は7月7日
でも、北海道民にとって七夕=7月7日は”いうまでもない”ことではないんですね。

僕は北海道で生まれ、東京に引っ越した経験がありますが、その時随分戸惑ったものです。
保育園で先生たちが大きな竹を買ってきて「折り紙で短冊を作って、願い事をしよう」と言う話になりまして。きょとんとしたのを覚えています。なんで7月7日に短冊飾りをつくるの?

そう。北海道の七夕は基本的に”8月7日”なのです。
それで本州では7月7日が常識であることを知り、たいそう驚いたわけですね。

なぜなのか?諸説あるようですが、もともと七夕のお祭りは7月のところも8月のところもあったそうなのです。
キーワードは「旧暦」「農業祭」です。

つまり本来このころのお祭りは、収穫期に実りに感謝する「農業祭」。それが行われていたのが”旧暦”の8月…すなわち”新暦”の7月。そこに中国から伝わった伝説が合体!…で新暦に変わるとき、政府が「七夕?7月でも8月でもどっちでもいいよ~。テキトーにやっちゃって~。」と言いまして。結果、それぞれの地域で旧暦由来と新暦由来の七夕ができたわけなのです。

北海道は本来の農業祭としての体裁を重視して、旧暦の時期のまま…つまり8月7日を七夕としたわけですね。


しかし、一方で東京では有名な七夕祭りの一つ「阿佐谷七夕まつり」は、8月7日頃に催されるのが常。
7月7日が七夕の日付として広まった理由は、7/7という語呂のよさかららしいのですが、8月7日が七夕というのも決してマイノリティではないということが伺えますね。
阿佐ヶ谷は中央線沿線のそれほど大きくない駅なのですが、この日はアーケード商店街で向こうが見えないほど混雑します。商店街じゅうに様々な露店が並び、特別セールが行われます。
なによりアーケードの天井を埋め尽くす大きな七夕飾りが、圧倒的な綺麗さです♪
⇒(Wikipedia「阿佐谷七夕まつり」

北海道にはこの七夕にまつわって、子どもたちだけの特別なイベントがあるようですが…。
そのことは8月7日に記事を書くときに取っておきたいと思います♫


今日の北海道、天気は
夜、星のよく見えるところでは天の川が見えるかも知れないとか♪
織姫と彦星=ベガとアルタイルを探してみるのも一興。
ベガとアルタイルは、それぞれこと座とわし座の主星になり、夜空全体でもかなり明るく輝いています。
すぐに見つかるでしょう。
これらとはくちょう座のデネブを頂点に結べば「夏の大三角形」ができますね。
夏の大三角形は天の川によって分断されているのがわかれば、ベガとアルタイル…天の川によって隔てられた織姫と彦星を見つけられることでしょう♪
スポンサーサイト
[ 2011-07-07 (Thu) 16:22 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:その他
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://hikaribakery.blog.fc2.com/tb.php/49-6f19b39c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。