上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
パン工房ひかりは、この時期(3月から4月)たくさんの特別注文を頂きます。
卒業式や卒園式、入学式などで、私たちの作るパンやお餅を…と。

改めまして、かねがね格段のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。



ゴホン。
少々、鯱鉾張りすぎましたかね。

というわけで、今日は特注の製造の話を書きます。

私は、紅白餅の製造に思い入れがあります。

パンじゃないのか、と思われるかもしれませんので、一応言い訳をしておきますと、パン工房ひかりでは、パンやお菓子だけでなくお餅も製造しておりまして。普段は餅製造専任の方が作っているのですが、この時期の大量製造では、みんなが製造に参加するのです。私も含めて。

兎も角。
自分自身の思い出と重ねてみても、保育園から大学まで、式典といえば紅白が欠かせないと感じます。
初めて、紅白餅をもらったのはたしか保育園の卒園式でしたが、普段はお餅など食べることがありませんし、なにしろ人生初めての「卒業」というイベントに記憶も鮮やかなのでしょう。

なにより、色が良い。
普段口にする食べ物の中で、こんなに色合いのはっきりしたものはありませんよね。
私、食べ物は味や香りよりも、視覚的な要素(盛り付けやトッピング、形や色など)で好みが変わるタイプです。こういう嗜好は珍しいらしいのですが、そんな私からすると、紅白の綺麗さは、美味しさと重なるのでしょう。

それから、家庭事情も関係していそうです。
化学調味料を忌避する家だったので、食紅を用いたような、カラフルな食べ物は食べさせてもらえなかったのです。同じ年頃の友だちが当たり前に食べているような駄菓子はもちろんのこと、「なると」が入っているからという理由でラーメンさえ食べられなかった幼少期。かなり寂しいものでした。

というわけで、紅白餅は「赤と白の食べ物」というだけで、私にとっては特別な品物となりました。
この製造に携われることは、正直パン屋に入った時は思いもしなかったのですが、それだけに毎年密かに楽しみにしているのです。

とはいえ、私はその製造に直接携わる立場にありません。お餅をついたり、もち米をうるかしたり、蒸したりできるわけではないので、直接の製造経験は無いでしょう。
私が携わった経験は、製造の中でも、餅を分割して餡を包む作業や、包装や梱包を手伝うという部分です。
しかし、食紅で桃色に染まった水の中で、うるかされている大量のもち米を見るときなど、年甲斐もなくワクワクします。出来立ての餅は艶やかで、しっとりもっちりとしており、当たり前のことながら、これぞまさに「もち肌」です。餅はどんどん固まっていく上に、パンのように弾性があるわけではないので、あんを包んだり計量するのにも、パンとは違ったテクニックを要するのですが、それもそれで面白い面があります。

なにしろ、紅白という色は目にも鮮やかで、気分が高揚します。
「ハレの色」というだけのことはあり、作っている最中は、その縁起のよさを肌身に感じられるわけです。

餡を詰め、しっかりと閉じたら、打ち粉した片栗粉を刷毛で優しく掃くと、つるりとして美しい色の紅白餅ができます。これをフィルムで個装し、それから紅白セットにして専用の箱に詰めます。さらに、熨斗をかけて出来上がり。

注文していただいたのは、幼稚園です。
私がそうであったように、幼稚園の子ども達にとっても、思い出深いひと品になると良いなぁ。
そうなるよう、頑張りたいと思います。




ところで、保育園の卒園式は紅白餅でしたが、小学校と中学校の卒業式は、紅白まんじゅうだったのです。
これは地域性なのか、それとも単に、餅と饅頭のどちらかが選ばれるものなのか??あるいは、別の紅白◯◯があるのか???

機会があれば饅頭も作ってみたいものです。
スポンサーサイト
[ 2015-03-09 (Mon) 22:31 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:エピソード
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://hikaribakery.blog.fc2.com/tb.php/133-91c707ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。