FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
こんにちは。
パン工房ひかりのハル・ユタカです。
前回の記事を見ると雪のことが書いてあって、驚きました
本当に長い間ご無沙汰しておりました。

とても忙しく、なかなかブログを書く時間がとれませんでしたが、今日は比較的早く仕事が終わりました。
ですので、久しぶりにキーボードに向かっております。


パン工房ひかりは変わらず日々営業を続けています。

いえいえ、新作パンが出たり、お店の内装の細かい部分など、少しずつ変わっています。

けれど基本的な姿勢はずっと変わっていないのだと思います♪


「手作りのパン」
「有機食材を使ったパン」
「確かな品質のパン」


根本は変わっていないけれど、日々変化している…そう聞くとパン屋さんも「生き物」なんだなぁ、と思います。

分子生物学についてをドラマチックに描いた新書「生物と無生物のあいだ」は、難しいテーマを面白い読み物として書いたものですが、この本の内容を思い出します。amazon.co.jp 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) :福岡伸一

本の出だしはこうです。(うろ覚えですが…)

 浜辺に貝殻と石ころが転がっている。どちらも生きてはいない。
 けれど私たちは貝殻がかつて生きていたものであり、石ころはそうでないことを、一瞬にして理解できる。
 生物か無生物かを私たちはどこで峻別し、どこで線引きしているのだろうか?
 そこにはどんな違いがあるのだろうか?

新書なのに小説のような書き出しは、面白いです。
新書の趣旨である理論や研究の解説や紹介というより、一種の物語でSFのようでもありました。
この場合、筆者の福岡伸一先生の体験に基づく本なので、SN(サイエンス・ノンフィクション)と呼ぶべきでしょう。

ともかく、その本の内容は「生物とは変化そのものである。そしてある一定の秩序を保って変化していくことそのものである。」ということだと思います。もちろん、僕が主観的に読み取ったことですから間違っているかもしれません。
けれど、生き物の本質が「秩序ある変化」だというのは、すごく納得できると思います。

垢が出て、爪も生え変わり、髪の毛も切る。どんどん身体は変化していきます。
けれど、僕自身はなくなりません。
ハル・ユタカという基本設計があって、それは変わらないけれど、体を構成する物質は変化している。

パン工房ひかりもそうだと思います。
売られているパンの種類が変わり、作っている人が変わっても、その基本的な芯は揺らがない。
そうでありたいし、そうであろうとし続けているのかな、と思います。

思えば、人間という生物が作っているパンとパン屋もまた、生物であることは、あたりまえかもしれませんね★

スポンサーサイト
[ 2013-07-27 (Sat) 15:49 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑考
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。