FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
アップルパイ。おかげ様で大変人気です♪
ハル・ユタカも大好きで、よく食べています。
サクッとした生地は歯切れがよくて気持ちいいし、かなりドライな食感で口の中がべたつきません。
外側の生地に対して、中のアップルフィリングは甘酸っぱくて、みずみずしい!ドライで淡白な味の生地によくマッチしますね。

今日は、そんなフィリングの製作工程を紹介していきます。

味の決め手はなんなのでしょう…??



写真 4
ひかりのアップルフィリングは2種類のリンゴをブレンドして使っています。
違う種類のリンゴを使うことによって、食感がだんぜん変わってきます♪
左の大きほうがヒメガミ、右の小ぶりな方が紅玉です。

写真 5
本当にたくさんのリンゴを切っています!何人かで手分けしてやるとはいえ、すごい量です。
塩水に漬けながらの作業なので、指がヒリヒリしてくるそうですよ。

写真 1
一つ一つ皮を向き、6等分にして、それをさらにスライスしていきます。
かなりの早ワザです!

写真 2
ぶつけたりして、少し色が変わっている部分も、こうして1つ一つとっています。



皮むきは大変な作業ですから、ひみつ道具の登場です。はじめてこんな機械があることを知って、すごくおもしろかったので、動画で載せてみます♪

[広告 ] VPS




写真 6
いよいよスライスしたリンゴを鍋で煮始めます。
黒い棒状のものはバニラビーンズです。

写真 7
煮込んでいると大分かさが減ってきます。

写真10
水分が飛んでとろりとして来たところで火を止め…
写真 (7)
ここで味の決め手!シナモンをふります♪



写真11
そして、完成!
美味しそうです!!



今回取材してみて、ジャムを作るのと同じかと思ったら、そうでもない。
バターで炒めたり、シナモンを振ったり…結構違うところもあって面白いですね♪

なによりリンゴ剥き機をはじめて見ることができて、楽しかったです(ユ^タ^)カ
スポンサーサイト
[ 2012-11-24 (Sat) 16:32 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:製パン技術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。